Start line:  
End line:  

Snippet Preview

Snippet HTML Code

Stack Overflow Questions
async=EJB3 非同期呼び出しサービス
async.add=EJB3 非同期呼び出しサービスの追加
async.remove=EJB3 非同期呼び出しサービスの削除
async.thread-pool-name=非同期呼び出しを処理するスレッドプール名
cache=SFSB キャッシュ
cache.add=キャッシュの追加
cache.aliases=このキャッシュを参照することもできるエイリアス
cache.passivation-store=このキャッシュが利用する非活性化ストア
cache.remove=キャッシュの削除
cluster-passivation-store=クラスター化された非活性化ストア
cluster-passivation-store.add=クラスター化された非活性化ストアの追加
cluster-passivation-store.bean-cache=bean インスタンスを保存するのに利用するキャッシュ名
cluster-passivation-store.cache-container=bean とクライアントマッピングキャッシュに利用するキャッシュコンテナー名
cluster-passivation-store.client-mappings-cache=EJB リモートコネクターのソケットバインディングのクライアントマッピングを保存するのに利用するキャッシュ名
cluster-passivation-store.idle-timeout=bean が非活性化されてからのタイムアウト時間 (idle-timeout-unit で指定したユニット単位)
cluster-passivation-store.idle-timeout-unit=idle-timeout のユニット
cluster-passivation-store.max-size=このキャッシュが古い bean を強制的に非活性化する前に保存すべき最大 bean 数
cluster-passivation-store.passivate-events-on-replicate=レプリケーションにより非活性化イベントをBean でトリガーすべきか指定
cluster-passivation-store.remove=クラスター化された非活性化ストアの削除
deployed=このデプロイメントに含まれている EJB コンポーネントにより公開されるランタイムリソース
ejb3=ejb サブシステムの設定
ejb3.add=ejb サブシステムの追加
ejb3.default-clustered-sfsb-cache=デフォルトのステートフル bean キャッシュの名前で、デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、全クラスターステートフル EJB に適用されます。
ejb3.default-entity-bean-instance-pool=デフォルトのエンティティ bean インスタンスプールの名前で、デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、エンティティ bean に適用されます。
ejb3.default-entity-bean-optimistic-locking=true に設定されると、エンティティ bean はデフォルトで楽観ロッキングを利用します。
ejb3.default-mdb-instance-pool=デフォルトの MDB インスタンスプール名で、デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、全 MDB に適用されます。
ejb3.default-resource-adapter-name=デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、MDB により使用されるデフォルトのリソースアダプター名です。
ejb3.default-sfsb-cache=デフォルトのステートフル bean キャッシュの名前で、デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、全ステートフル EJB に適用されます。
ejb3.default-singleton-bean-access-timeout=シングルトン bean に対するデフォルトのアクセスタイムアウト
ejb3.default-slsb-instance-pool=デフォルトのステートレス bean インスタンスプールの名前で、デプロイメントあるいは bean レベルでオーバーライドされない限り、ステートレス bean に適用されます。
ejb3.default-stateful-bean-access-timeout=ステートフル bean に対するデフォルトのアクセスタイムアウト
ejb3.in-vm-remote-interface-invocation-pass-by-value=false に設定されている場合、EJB のリモートインターフェースでの呼び出しに対するパラメーターは参照により渡されます。false 以外の場合はパラメーターは value により渡されます。
ejb3.lite=ejb3 コンテナーがこの仕様の "LITE" プロファイルを提供するためだけに必要かどうかを指定します。"everything" ディストリビューションを使う場合のみ、この値は false を使ってください。
ejb3.remove=ejb サブシステムの削除
entity-bean=デプロイメントに含まれているエンティティ bean コンポーネント
entity-bean.component-class-name=コンポーネントのクラス名
entity-bean.declared-roles=この EJB コンポーネントで(@DeclareRoles 経由で) 宣言されているロール
entity-bean.pool-available-count=プール内で利用可能な (別で利用されていない) インスタンス数
entity-bean.pool-create-count=作成された bean インスタンス数
entity-bean.pool-current-size=現在のプールサイズ
entity-bean.pool-max-size=プールの最大サイズ
entity-bean.pool-name=プールの数
entity-bean.pool-remove-count=削除済みの bean インスタンス数
entity-bean.run-as-role=この EJB コンポーネントに対する run-as ロール(ある場合)
entity-bean.security-domain=この EJB コンポーネントに対するセキュリティドメイン
file-passivation-store=ファイルシステムベースの非活性化ストア
file-passivation-store.add=ファイルシステムベースの非活性化ストアの追加
file-passivation-store.idle-timeout=bean が非活性化されてからのタイムアウト時間 (idle-timeout-unit で指定したユニット単位)
file-passivation-store.idle-timeout-unit=idle-timeout のユニット
file-passivation-store.max-size=このキャッシュが古い bean を強制的に非活性化する前に保存すべき最大 bean 数
file-passivation-store.relative-to= 
file-passivation-store.remove=ファイルシステムベースの非活性化ストアの削除
iiop=IIOP サービス
iiop.add=IIOP サポートを EJB3 サブシステムに追加
iiop.enable-by-default=これが true の場合は、デフォルトでは IIOP で公開されます。true 以外の場合は、配備記述子で明示的に有効にする必要があります。
iiop.remove=IIOP サービスの削除
iiop.use-qualified-name=True の場合、EJB 名は、その名前の一番前にアプリケーションとモジュール名を追加し、ネーミングサービスにバインドされます(例:myapp/mymodule/MyEjb)。
message-driven-bean=デプロイメントに含まれているメッセージ駆動型 bean コンポーネント
message-driven-bean.component-class-name=コンポーネントのクラス名
message-driven-bean.declared-roles=この EJB コンポーネントで(@DeclareRoles 経由で) 宣言されているロール
message-driven-bean.pool-available-count=プール内で利用可能な (別で利用されていない) インスタンス数
message-driven-bean.pool-create-count=作成された bean インスタンス数
message-driven-bean.pool-current-size=現在のプールサイズ
message-driven-bean.pool-max-size=プールの最大サイズ
message-driven-bean.pool-name=プールの数
message-driven-bean.pool-remove-count=削除済みの bean インスタンス数
message-driven-bean.run-as-role=この EJB コンポーネントに対する run-as ロール(ある場合)
message-driven-bean.security-domain=この EJB コンポーネントに対するセキュリティドメイン
message-driven-bean.timers=コンポーネントに関連付けられた EJB タイマー
message-driven-bean.timers.calendar-timer=このタイマーがカレンダーベースのタイマーかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
message-driven-bean.timers.next-timeout=次のタイマーの有効期限が設定されている時間 (エポックからのミリ秒)、または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
message-driven-bean.timers.persistent=このタイマーは永続セマンティクスを持つかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
message-driven-bean.timers.schedule=このタイマーに対応するスケジュール表現。またはタイマーがスケジュール表現で作成されていない、期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は"undefined" となります。
message-driven-bean.timers.schedule.day-of-month=1 ヶ月の内 1 日以上
message-driven-bean.timers.schedule.day-of-week=1 週間の内 1 日以上
message-driven-bean.timers.schedule.end=タイマーの終了日 (エポックからのミリ秒)
message-driven-bean.timers.schedule.hour=1 日の内 1 時間以上
message-driven-bean.timers.schedule.minute=1 時間の内 1 分以上
message-driven-bean.timers.schedule.month=1 年の内 1 ヶ月以上
message-driven-bean.timers.schedule.second=1 分の内 1 秒以上
message-driven-bean.timers.schedule.start=タイマーの開始日 (エポックからのミリ秒)
message-driven-bean.timers.schedule.timezone=スケジュール指定を評価する際にベースとするデフォルト以外のタイムゾーン
message-driven-bean.timers.schedule.year=特定の暦年
message-driven-bean.timers.time-remaining=次に予定されているタイマーが期限切れになるまでの経過時間 (ミリ秒)。または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
remote=EJB3 リモートサービス
remote.add=EJB3 リモートサービスの追加
remote.client-mappings-cache-container-ref=クラスター化されたキャッシュコンテナー名。これを使い、クラスター内の各ノードで、EJB リモートコネクターのソケットバインディングのクライアントマッピングに保存/アクセスします。
remote.client-mappings-cache-ref=クラスター化されたキャッシュ名。これを使い、クラスター内の各ノードで、EJB リモートコネクターのソケットバインディングのクライアントマッピングに保存/アクセスします。
remote.connector-ref=EJB3 リモートチャネルが登録されているコネクター名
remote.remove=EJB3 リモートサービスの削除
remote.thread-pool-name=リモートの呼び出しを処理するスレッドプール名
service=EJB3 サブシステムの一部となっている集約設定可能なサービス
singleton-bean=デプロイメントに含まれているシングルトン bean コンポーネント
singleton-bean.component-class-name=コンポーネントのクラス名
singleton-bean.declared-roles=この EJB コンポーネントで(@DeclareRoles 経由で) 宣言されているロール
singleton-bean.run-as-role=この EJB コンポーネントに対する run-as ロール(ある場合)
singleton-bean.security-domain=この EJB コンポーネントに対するセキュリティドメイン
singleton-bean.timers=コンポーネントに関連付けられた EJB タイマー
singleton-bean.timers.calendar-timer=このタイマーがカレンダーベースのタイマーかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
singleton-bean.timers.next-timeout=次のタイマーの有効期限が設定されている時間 (エポックからのミリ秒)、または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
singleton-bean.timers.persistent=このタイマーは永続セマンティクスを持つかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
singleton-bean.timers.schedule=このタイマーに対応するスケジュール表現。またはタイマーがスケジュール表現で作成されていない、期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は"undefined" となります。
singleton-bean.timers.schedule.day-of-month=1 ヶ月の内 1 日以上
singleton-bean.timers.schedule.day-of-week=1 週間の内 1 日以上
singleton-bean.timers.schedule.end=タイマーの終了日 (エポックからのミリ秒)
singleton-bean.timers.schedule.hour=1 日の内 1 時間以上
singleton-bean.timers.schedule.minute=1 時間の内 1 分以上
singleton-bean.timers.schedule.month=1 年の内 1 ヶ月以上
singleton-bean.timers.schedule.second=1 分の内 1 秒以上
singleton-bean.timers.schedule.start=タイマーの開始日 (エポックからのミリ秒)
singleton-bean.timers.schedule.timezone=スケジュール指定を評価する際にベースとするデフォルト以外のタイムゾーン
singleton-bean.timers.schedule.year=特定の暦年
singleton-bean.timers.time-remaining=次に予定されているタイマーが期限切れになるまでの経過時間 (ミリ秒)。または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
stateful-session-bean=デプロイメントに含まれているステートフルセッション bean コンポーネント
stateful-session-bean.component-class-name=コンポーネントのクラス名
stateful-session-bean.declared-roles=この EJB コンポーネントで(@DeclareRoles 経由で) 宣言されているロール
stateful-session-bean.run-as-role=この EJB コンポーネントに対する run-as ロール(ある場合)
stateful-session-bean.security-domain=この EJB コンポーネントに対するセキュリティドメイン
stateless-session-bean=デプロイメントに含まれているステートレスセッション bean コンポーネント
stateless-session-bean.component-class-name=コンポーネントのクラス名
stateless-session-bean.declared-roles=この EJB コンポーネントで(@DeclareRoles 経由で) 宣言されているロール
stateless-session-bean.pool-available-count=プール内で利用可能な (別で利用されていない) インスタンス数
stateless-session-bean.pool-create-count=作成された bean インスタンス数
stateless-session-bean.pool-current-size=現在のプールサイズ
stateless-session-bean.pool-max-size=プールの最大サイズ
stateless-session-bean.pool-name=プールの数
stateless-session-bean.pool-remove-count=削除済みの bean インスタンス数
stateless-session-bean.run-as-role=この EJB コンポーネントに対する run-as ロール(ある場合)
stateless-session-bean.security-domain=この EJB コンポーネントに対するセキュリティドメイン
stateless-session-bean.timers=コンポーネントに関連付けられた EJB タイマー
stateless-session-bean.timers.calendar-timer=このタイマーがカレンダーベースのタイマーかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
stateless-session-bean.timers.next-timeout=次のタイマーの有効期限が設定されている時間 (エポックからのミリ秒)、または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
stateless-session-bean.timers.persistent=このタイマーは永続セマンティクスを持つかどうか。または、タイマーにタイムアウトがすでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
stateless-session-bean.timers.schedule=このタイマーに対応するスケジュール表現。またはタイマーがスケジュール表現で作成されていない、期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は"undefined" となります。
stateless-session-bean.timers.schedule.day-of-month=1 ヶ月の内 1 日以上
stateless-session-bean.timers.schedule.day-of-week=1 週間の内 1 日以上
stateless-session-bean.timers.schedule.end=タイマーの終了日 (エポックからのミリ秒)
stateless-session-bean.timers.schedule.hour=1 日の内 1 時間以上
stateless-session-bean.timers.schedule.minute=1 時間の内 1 分以上
stateless-session-bean.timers.schedule.month=1 年の内 1 ヶ月以上
stateless-session-bean.timers.schedule.second=1 分の内 1 秒以上
stateless-session-bean.timers.schedule.start=タイマーの開始日 (エポックからのミリ秒)
stateless-session-bean.timers.schedule.timezone=スケジュール指定を評価する際にベースとするデフォルト以外のタイムゾーン
stateless-session-bean.timers.schedule.year=特定の暦年
stateless-session-bean.timers.time-remaining=次に予定されているタイマーが期限切れになるまでの経過時間 (ミリ秒)。または、タイマーにタイムアウトの期限切れがない、すでに期限切れしている、あるいはキャンセルされている場合は "undefined" となります。
strict-max-bean-instance-pool=厳密な上限を持つ bean インスタンスプール
strict-max-bean-instance-pool.add=bean インスタンスに対して厳密な上限を持つ bean インスタンスプールを追加
strict-max-bean-instance-pool.max-pool-size=ある時点においてプールが保持可能な最大 bean インスタンス数
strict-max-bean-instance-pool.remove=bean インスタンスに対して厳密な上限を持つ特定の bean インスタンスプールを削除
strict-max-bean-instance-pool.timeout=bean インスタンスがプールから利用できるようになるまで待機する最長時間
strict-max-bean-instance-pool.timeout-unit=インスタンス取得のタイムアウトユニット
thread-pool=EJB スレッドプール
thread-pool.add=スレッドプールの追加
thread-pool.core-threads=スレッドプール内の最小スレッド数
thread-pool.keepalive-time=アイドルススレッドが滞在する時間数 (ミリ秒単位)
thread-pool.max-threads=スレッドプールが内包できる最大スレッド数。設定前のデフォルト値は、Runtime.availableProcessors()により返されたプロセス数です。
thread-pool.remove=スレッドプールの削除
timer-service=EJB タイマーサービス
timer-service.add=タイマーサービスの追加
timer-service.path=永続タイマー情報を格納するディレクトリ
timer-service.relative-to=タイマーデータストアの場所を解決するための相対パス
timer-service.remove=タイマーサービスの削除
timer-service.thread-pool-name=タイマーサービス呼び出しを実行する際に利用するスレッドプール名
New to GrepCode? Check out our FAQ X